ストレートネックを治すストレッチ方法

MENU

ストレートネックを治すストレッチ方法

肩こりや頭痛、ひどい場合には手足のしびれやめまいを引き起こすストレートネック。
あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、実はこのストレートネックに陥る人が年々増えているんです。
自宅で簡単なストレッチをするだけで、ストレートネックは改善することができます。いくつかご紹介しますので、ぜひみなさん試してみてくださいね!

 

<そもそもストレートネックって?>

ストレートネックは決して病気ではありません。あくまで頚椎の状態を指す言葉です。しかしこのストレートネック、放っておくと体にどんどん悪影響を与えていくので非常にやっかいです。
人間には生まれ持った生理的な状態があります。頚椎も、体の負担を最小限にするような自然なアーチが描かれています。しかしこれが日常生活における前かがみの姿勢などから、どんどん崩れていってしまう・・・これがストレートネックが引き起こされる原因です。前傾姿勢は猫背を誘発し、さらに頚椎が湾曲を失い真っ直ぐになる、これがストレートネックなのです。

 

<ストレートネック改善ストレッチ@>

まずご紹介するのは首のストレッチです。
首の両側をそれぞれストレッチしていきます。片側ずつ行いましょう。はじめに左鎖骨に右手を添えて、首を前後にスライドさせましょう。このとき顔の位置はそのままで、あくまで首だけを地面と平行にスライドしていくのが大切です。終わったら手の反対にして、同じようなことを行います。
これだけでクビの湾曲が矯正されて、もとの自然な姿に近づきます。
回数は片側5回ずつ程度に留めておいてください。あまりやりすぎると頭がくらっときてしまうので注意が必要です。

 

<ストレートネック改善ストレッチA>

こんどは背中を中心に伸ばしていきましょう。いすに座った状態で行うストレッチです。
両手をあげてまずはバンザイの形をとります。そして背もたれに寄りかかって、上体を少しずつ後ろに反らしていきます。これも一度に5回程度にしておきましょう。
猫背で前かがみになりがちな姿勢を、まっすぐに矯正するのに非常に効果的なポーズです。

 

<ストレートネック改善ストレッチB>

胸を張るようにして行うストレッチです。右手で右の胸部、左手で左の胸部を抑えるポーズをまずとります。そこから胸だけを前にぐーっと張っていきます。胸の反りによって、頸部の自然なアーチを戻すことができるのです。これで首や肩の負担を減らすことができます。

 

 

 

ストレートネックになってしまうと肩こり・頭痛・首痛など、日常生活に様々な支障が出てしまいます。症状がひどくなってくると仕事やプライベートでパソコンをしていても首が痛くて仕方なくなってしまいますし、痛みなどで首を思うように動かせない時もあります。それでも仕事でパソコンを使う事を避ける事は難しいので、症状を改善させていくには他で対策を立てるしかありません。ストレートネックを改善するためには睡眠時に正しい姿勢で眠れるようにする事も有効ですが、その他にも簡単に出来るストレッチ運動が効果的だと言われています。ストレッチ運動を行うと首周辺が楽になります。ストレッチ運動をしてストレートネックの改善を目指すためにはまず基本を覚えておかなければなりません。ストレートネックの原因は体に歪みが生じる原因となる不自然で悪い姿勢を長時間続けている事だと言われています。一説では一日1時間程度の負荷であっても、長年続けているうちに大きな体の歪みへ変化してしまう事もあると言われています。毎日柔軟体操をしていると体が柔らかくなっていくのと一緒なのかもしれませんね。これと同じように、毎日パソコンを使う事が習慣になっている人は、知らず知らずのうちに画面に向けて前のめりになる姿勢を取る生活を続けてしまいがちです。ですがこれを続けているとストレッチ運動や睡眠時の姿勢に気を配っても結局イタチゴッコとなってしまいます。なのでストレートネックを解消・改善していくためには、スマホやパソコンをする時に意識して姿勢を正すようにしていかなければなりません。普段不自然だったり悪い姿勢を取ってしまっている人は、気が付いた時だけでも姿勢を正すようにするのがおすすめです。姿勢が良くなればストレートネックはかなり改善できる可能性があります。そして、この基本的な事を覚えたらストレッチ運動で更に首回りの負担を和らげてみましょう。ストレートネックで現れる辛い症状を軽減するには、いつでもどこでも出来る簡単なストレッチ運動がおすすめです。デスクワークなどで疲れた時にすぐ出来る運動なので結構重宝します。まずは鎖骨に手をあてて、胸を反らせるストレッチをしましょう。この際腰を一緒に反らせてしまう人がいますが、胸だけを反らせるようにします。猫背などが原因で疲労した肩の筋肉をほぐすのに有効だとされています。胸を反らせると言っても少々わかりづらいかもしれませんが、姿勢を正した時に胸を張った状態を想像してみてください。あんな感じです。鎖骨に手を当てながら胸を張らせると、首や肩周辺の負担を和らげる事ができるそうです。これを5回1セットで行います。次に背中のストレッチですが、椅子に座って両手を上げ、万歳したような格好のまま背もたれに寄りかかりながら背中を反らします。これも5回1セットで行うようにしましょう。背中を反らすと猫背が伸ばすストレッチ運動になるので、これを習慣にするとストレートネック解消・改善に役立つとされてます。手軽に行える上に背中が伸びてかなり気持ちが良く、気分もリフレッシュできます。気が付いた時に行うようにしてみましょう。この他にもストレートネックに効くとされているストレッチ運動はたくさんあります。首・肩・背中と、それぞれの部分に効くストレッチは文章よりも動画で観た方がやり方がわかりやすいかもしれません。動画サイトなどで検索するとかなり沢山の運動が見つかります。その中から自分が行いやすくてすぐ出来るものをいくつか探し出し、自分に効果がありそうなストレッチを毎日続けてみましょう。飽きっぽい人は沢山ある動画の中から違う運動を選んで日替わりのような形で行えば飽きずに続ける事ができるかもしれません。

早く治したい人、ストレッチでは治らなかった人にお薦めの商品

→ ストレートネックにお薦めの人気商品ランキング