ストレートネックで頭痛めまい

MENU

ストレートネックで頭痛めまいがした時の対処方法

肩こり、首こりを引き起こす原因となるのがストレートネック。

 

そのまま改善せずに放置してしまうと、頭痛・めまいなどもっとひどい症状に陥っていきます。
そんなストレートネックからくる症状を治すことができるのでしょうか?

 

その対処方法をご紹介します!

 

<なぜストレートネックから頭痛めまいが起こるの?>

ストレートネックは頚椎の自然な湾曲が失われて起こります。
湾曲は頭の重さがダイレクトに首・肩にこないように人間に生まれ持って備わっているものなのですが・・・

 

ストレートネックになるとこの湾曲がストンとまっすぐになってしまいます。
すると頭の重みで肩周辺の血流が悪くなり、頭痛やめまいが起こりやすくなります。

 

症状がひどくなるとこれだけに留まらず、手足の痺れや歩行困難につながっていきます。
ストレートネックはあなどってはいけないんです。

 

 

>>ストレートネックを矯正するおすすめの枕<<

 

<頭痛めまいにおすすめの商品>

 

ストレートネックからくる頭痛・めまいにおすすめの商品があります。それが「ずきしらずの実」という総合的な痛みの解消サプリメントです!
ずきしらずの実は天然由来成分たっぷりなので、健康を気にする方・薬を積極的に服用するのに抵抗がある方には本当におすすめしたいサプリです。夏白菊(フィーバーユー)という植物が、体のリズムを増長するのを抑えて痛みをすこしずつ軽減してくれます。またオオイタドリという植物も、重たい頭の痛みに作用して不快感をなくしていってくれる働きを持ちます。
ずきしらずの実のすごいところは、一時的に頭痛めまいを抑えるのではなく体のリズムや体質自体を改善していってくれることです。なので飲めば飲むほど、頭痛が起こりにくい体へと変化していくのです。
素晴らしい頭痛めまい対処サプリメント。ぜひ試してみてください!

 

<ストレートネックを治すには?>

ストレートネックは整体やストレッチなどで治していくことができます。
大事なのは首の自然な湾曲を取り戻すことです。

 

整体院では首を反らす施術や頚椎を牽引する施術をされることと思います。
首周りは大事な神経がたくさん通っているので、必ず専門科にやってもらうようにしてください。

 

ストレッチは自宅で簡単に出来ます。首の位置はそのままで、胸を張るストレッチなども効果的です。
しっかり首の曲りを意識して実践してみましょう!

 

普段から姿勢を正して生活するのも、ストレートネックの対処にはいいことです。日常生活での意識をぜひ高めてみてください!

 

 

 

 

首の痛み・頭痛・めまいに苦しんでいる人は原因がいくつかありますが、これらを引き起こしている原因の一つにストレートネックの可能性があります。めまいの場合はストレートネックではなくもっと別の重篤な症状が潜んでいる場合があるので病院でしっかり検査してもらった方が良い場合もあります。しかし首の痛みで可動域が狭くなっていたり、上を向いた際に痛みを感じたりする場合はストレートネックの可能性も否定できません。最近はガラケーやスマホなどを持っている人がほとんどですし、毎日何時間も携帯やスマホを使っている人もたくさんいます。ストレートネックの直接的な原因は悪い姿勢を取り続ける習慣による体の歪みな事が多いですが、大した事ないからと放置していると長年ストレートネックで体に負担をかけ続けたツケが回ってきてしまう事も考えられます。ストレートネックの原因と治療法を把握しておき、必要に応じて対処していきましょう。先ほどから首の痛みやめまいの原因の一つであると書いているストレートネックとは一体何なのでしょうか?人間の首の骨は本来前方向に弯曲しています。ところが、何らかの原因でストレートネックになってしまうと首の骨の弯曲が無くなり、真っ直ぐの状態になってしまうのです。医学的にはこれが30度以下になるとストレートネックと呼んでいます。人の骨がカーブを描いたような形になっているのは、5kg以上あると言われている重い頭を効率よく支え、極力一部分のみに負担がかかる事を避けるためです。ですがストレートネックになると首にかかる負荷が大きくなってしまうため、それが首の痛みやめまいなど、体の不調となって表れてきます。現代人にストレートネックになっている人が多く見られる原因はパソコンやデスクワーク、そして長時間うつむいた姿勢をとる事が多いスマホや携帯電話だと言われています。これ等は首に負担をかけてしまう行為ですが、比較的長時間同じ姿勢を取り続ける事が多いという特徴もあります。また、これによって首の角度も変わってしまうのです。ストレートネック最大の原因は日常生活における姿勢の悪さとなります。姿勢が悪い状態を長らく続けてしまえばストレートネックになるリスクもかなり高まってしまうのです。特に猫背の人は要注意で、現在何も支障が出ていなくてもストレートネック予備軍です。ストレートネックは確かに首の骨の歪みですが、それに至るまでには体中の歪みが連鎖的に起こる場合が多々あります。猫背の姿勢は前かがみになりますが、これは体に歪みが出てしまう原因となるのです。日常生活では足を組んだり中腰の姿勢を続けたりと、日頃の習慣や仕事で強制される姿勢などで体の歪みが生じやすいですが、体の一部の歪みが更なる歪みを呼ぶ事は珍しくないのです。自分がストレートネックに気を付けてパソコンやスマホを控えたとしても、その他の原因から体の歪みが生じる事もあります。こうして引き起こされたストレートネックは首の痛み・頭痛・めまいの原因になってしまいます。ストレートネックに見られる困った症状の一つとして頭痛が挙げられますが、ストレートネックが悪化するに従って頭痛が現れ始めるのもよくある事です。首の骨が正常な形であれば首の骨にかかる負担を分散しながら頭の重さを支えていけますが、ストレートネックになってしまうと頭の重みが直接肩や首に負荷として伝わってしまうため、その部分の負担が増加してしまいます。その結果首回りや肩にある神経や血管が圧迫されてしまうのですが、この部分は多くの重要な欠陥や神経が集中しています。ここに負荷がかかって圧迫されたりすると、自律神経の働きに悪影響を及ぼすため、ストレートネックによる頭痛だけではなく様々な不調が体に現れます。こういった人は寝ている時に正しい姿勢で寝れる環境が整っていない事も多いため、朝起きた時から疲れていたりと睡眠の質もあまり良くない可能性があります。そのような場合はダブルで自律神経に影響してしまうので全く良い事はありません。ストレートネックで頭痛が引き起こされてしまうのは首回りの神経や肩・骨に負担がかかることが原因となります。原因のわからない慢性的な頭痛はストレートネックが原因である可能性もありますし、更に詳しく脳外科で調べると別の病気が隠れていたという事もあります。いずれにせよ頭痛が慢性化している場合は楽観視しない方が良いでしょう。ストレートネックによる頭痛の対処療法は主に三種類あり、保存療法・薬物療法・温熱療法となります。このいずれも手術を行わずに治療が出来ます。首の骨は体の中でも重要な場所ですから安易に手術に踏み切る事はできません。これら三種類の療法を駆使して症状の改善を目指していく事が多いです。保存療法では普段から正しい姿勢で過ごすためのアドバイスを受けたり、睡眠環境を整える事で正しい姿勢を保ちやすくしたりします。これによってストレートネックになる原因である姿勢の悪さを改善していきます。必要に応じてストレッチを行ったりして首の骨の角度を正常化出来るように指導されたりもします。薬物療法では首や肩周辺に強い痛みがあり、炎症が見られる場合に薬で炎症を抑えて痛みを和らげる治療が施されます。こちらも必要に応じて薬が処方されるため、全ての人がこの治療をするわけではありません。温熱療法は人間が本来持っている自然治癒力を高める事を目的として行われています。身体を温めると血行が良くなりますが、これによって回復力を高め、ストレートネックによる症状の改善に向けて継続していく形になります。このように、ストレートネックが原因で頭痛が起こった場合には様々な療法で対処していく事が多いです。しかし頭痛だけで済むのならばまだ良いですが、時にストレートネックは頭痛と同時にめまいを発症する事もあります。ストレートネックによるめまいの原因は、首の骨の歪みと首や肩周辺の血行不良だと言われています。血行不良でめまいが起きるのはなんとなくわかるような気もしますが、首の骨の歪みでなぜめまいが起きるのでしょうか?実は首の骨が歪むと、顔や目の神経が圧迫されてしまう事があるのです。これによってめまいが起きやすくなります。こうして引き起こされためまいも比較的軽度な人と重度な人に分かれます。日常生活にまで支障が出るほどめまいが起きてしまう場合は、とにかく治療に専念しなければなりません。めまいは他の病気でも引き起こされるため、安易にストレートネックが原因だと考えるのは危険です。先に他の重篤な病気を疑い、詳しく検査をしてもらったにも関わらず原因が分からなかった場合などにストレートネックを疑ってみるのが良いでしょう。めまいがひどいと転倒して怪我をしてしまう事もあります。このような日常生活に支障が出るめまいを発症する場合、病院でめまい対策の薬を処方してもらう事が必要です。これで症状を緩和させつつ、ストレートネック改善のための療法を行っていくのが良いでしょう。ストレートネックによる頭痛やめまいは誤診も多いそうです。まずは良い医者などを探す事も大事です。ストレートネックが引き起こす症状は実に様々です。その中には耳鳴りなどもあります。ストレートネックになると首周辺の負担が増加しますが、それに伴い筋肉疲労や神経圧迫が引き起こされます。これによって血行不良になると自律神経が乱れたり、自律神経失調症になってしまう事もあります。その際に耳鳴りが起きる事があるのです。夜間に耳鳴りや小さな雑音が聞こえるといった困った症状に悩まされる人もいるのでかなり切実です。たかが首の骨の歪みだと侮っていると、時にこのような困った事態になってしまいますので、普段からストレートネックにならないように気を付けながら生活をしていかなければなりません。せめて寝る時くらいは寝具で睡眠環境を整え、時にストレッチなども取り入れながら正しい姿勢で寝られるように心がけましょう。一日の3分の1ほどを占める睡眠時間は正しい姿勢で寝れば体の歪みを矯正するチャンスとなります。

早く治したい人、ストレッチでは治らなかった人にお薦めの商品

→ ストレートネックにお薦めの人気商品ランキング